2018年9月19日水曜日

ピカチュウ浮き ゲットだぜ。こうかはばつぐんだ。


どうも皆様おはようございます。

コイキング@万太郎です。



今回はピカチュウのウキを作っていこうと思う。

いくつかのウキを作ってはきたが、ガンダムにしろ、スライムにしろ魚に対する決定力に欠けていた。

私もよくぞここまで忘れていたものだ。

雷属性。


どこの世界でも魚は雷に弱いものなのだ。

これは全世界のお約束と言っていい。

魚類含む水属性の者達はこのウキの製作により一網打尽にすることができるであろう。




材料


①卵形のスチロール材(42円)、
②直径3mmのプラ棒(30cmくらい)、
③重めのガン玉いくつか。
④スイベル(っぽいもの)
⑤ゴム管(ウキボトム、プラ棒に付くもの)
⑥お好みのピカチュウ(ガチャで300園程度、運も必要)

工具


⑦ヤスリ(紙ヤスリでよさげ)
⑧ドリル(発泡スチロール穴あけ用なくても)

すべて東急ハンズと釣具屋でそろう。

②は30cm程度なので実質は30円程度。

⑥以外であればなんと原価100円以下で棒ウキが作成できる。



作成方法



卵形の発泡スチロールのてっぺんをピカチュウが乗れる様にまっすぐに削る。
       

大まかにカッターで削ってしまってから削ってもよい。

綺麗に削れたらピカチュウを乗せる前に油性マジックで着色する。

海に投げてよく見える色、黄色やオレンジ、赤などが望ましい。

東急ハンズで購入した発泡スチロールはあらかじめ中央に穴が空いているので、プラ棒に接着剤を塗ってから通す。

ピカチュウも接着剤を塗りつけ、固定する。


ピカチュウを乾かす間に、ウキのボトムを作成する。

ガンダマをお好みで接着する。


少々見た目がよろしくないので重みのあるものであればもちろん何でもよい。

それとゴム管とスイベルを同じくくっつける。

ゴム管とスイベルは道糸の付く部分なので、くどいくらいに接着して良いかもしれない。


投げた時にここがすっぽ抜けて海のもくずとなったウキは数知れず。

ここまでくれば、ほぼ出来上がりだ。

1.5Lのペットボトルなどに浮かべて発砲スチロールを削り浮力、傾きの調整をする。



完成。



としたいところだったが、ここでやめては世界中のピカチュウファンから大クレームが来るだろう。

ピカチュウだ。

光らねば。

ということで、急遽ケミホタルを取り付ける場所を考える。

完全に後付。

できる限りピカチュウのフォルムを隠さないような位置を考え、裏に穴をあけた。

本音としては余計なものをつければつけるほど絡みやすくなるのでスルーしたかったが、しょせんネタウキ。

出来上がりがこちら。


イメージとちょっと違う。

しかし、これで、どんな魚も裸足で逃げ出すこと請け合いである。

こうかはばつぐんだ!

絡みやすさもばつぐんだ!


釣果は後ほど。

面白かったら拡散お願いしますm(_ _)m。



他のウキ記事はこちら。

ガンダム浮き


スライムウキ

2018年9月6日木曜日

08月19日 若洲海浜公園 ~ハゼ~


どうも皆様おはようございます。

穴釣り@万太郎です。


    (仮)泉君の強襲から一週間。

「明日も若洲行きますぇ。ルアー竿持っていきますよって。おこしやす。」と本音とは裏腹の気持ちを京都弁に込め、前夜に書き込みを入れた。

まあ、来ないだろう。

念のため、釣竿を一本多く持ち、ルアーをいくつかカバンにいれ、お土産お持ち帰り用の発泡材クーラーボックスを積んで若洲に向かった。



  お盆休み中は3回は釣りに行く予定が、終日風が強く、結局1日しか釣りにいけなかった。

その貯まったフラストレーションを吐き出すかのように撒き餌を混ぜる。

楽しい。

仕掛けを作る間の胸の高鳴りはいつ来ても変わらない。


撒き餌を撒き、仕掛けを投じる。

結局やってることはあまり変わらない。

上達ってあるのか。

そんなことを考えていると、ウキが不自然な動きをする。

カイズ。


引きも余りなく、やる気が余り感じられない奴だった。

私は、もう一度チャンスをやる、その時は本気で相手にしよう、と言い渡し、海に放流した。



  隣でルアーを投げまくってる方がいる。

ルアーであれば、そう雑魚が来ることはあるまい。

だが、あれ、釣れるのか。

FFも散々やった。

私でもいけるかもしれない。

でも・・・。

撒き餌撒くのも混ぜるのも楽しい。

ウキを眺めるのも楽しい。

時間がたりねえなあ、と考えていると。

よそ見をしているとひったくられる様な引き。

慌ててあわせる。

この引きは。

重い。

突っ込まれる。

少々強引に浮かせる。

浮かない?

重い。

ラインブレイク。

ハリスの先が無くなっている。


奴か。

目を閉じ、空を仰ぐ。

まさか、先ほどの奴が。

私は思考をめぐらせ、先ほど奴と戦った一瞬一瞬を思い出す。

そう、あれはわた「部長、部長」。

思考を遮るかのように素っ頓狂な声が後ろから聞こえた。

(仮)泉君だ。

また来たのか。

「部長がルアー用意してくださるってんで、こりゃあ来なきゃバチが当たると思い当たり、すっ飛んで参りましたよ。ふひひ。」

しまった、京都の繊細な駆け引きは彼には通用しなかったようだ。

先ほどバラした想定70cmの黒鯛に後ろ髪を引かれながら、ルアーという物の説明をすることにした。

ルアーは疑似餌であって、その挙動を弱った魚に見せることでフィッシュイーターを捕獲しようという画期的な釣り方だ。

いかに魚に見せるかということに重点が置かれるので、海老やイソメの護衛とは全く異なる。

とにかく、魚をイメージして欲しい。

私も慣れないながら一度手本を見せ、そのまま竿を渡した。



  不慣れな様子でルアーを投げ始めるが、やはりちょくちょく根がかるらしく、リールを巻いている時間より、地球と綱引きをしている時間のほうが長く見える。

余り見ているのも失礼かと思い、助けを呼ばれるまでは自分の釣りに専念することにした。

隣からは「よし」、とか「来た」とか聞こえるが、助けを求めているわけではなさそうなので放っておいた。

しばらく自分の釣りに集中し、ふと投げようとした撒き餌の杓を(仮)泉君が持っている。

撒き餌で魚を集めて欲しいと思ったのだろう、確かに寄っては来るかもしれないが、基本はシーバス狙いであり、シーバスは回遊魚だ。

あまり意味はないかもしれないと、その旨を伝えようとするも、(仮)泉君は自分のルアーに撒き餌を撫で付け始めた。

なるほど。

そう、誰しも考えることだ。

私もルアーにイソメを付け、投げたこともある。

しかし、何でも経験だ。

私は黙って見守ることにした。

すると、(仮)泉君は撒き餌まみれのルアーを投げず、そのまま岩の切れ目の穴にルアーをゆっくり落とし始める。

私は黙って見守ることにした。

「きた、きましたよ、カニ、大量です。」

どうやら早々に飽きたらしい。



  穴釣りをするにはルアー竿でも少々長い。

私は秘蔵のカップホルダー竿を見せ、その使い方を享受した。


「すごいっすね、インスタ映えばっちりっすよ。」

おそらく思っていないのだろう、先ほどとは打って変わっていぶかしげに独り言のように言い、鈎に海老を付ける。

基本的にはカニが釣れる。

だが、4回に1回くらいハゼが釣れるのだ。


きゃっきゃとカニとハゼを釣り、別々の袋に入れていく。

「こっちがカニ袋で、こっちがハゼ袋っす。ふひひ。今日はカニは要らないのですが、集めておきます。」



楽しそうで何よりだが、そんな小物は私が相手にするようなやつではない。

(仮)泉君に任せておこう。



  「万太郎さん、ハゼきました。いやあ楽しいっすね。」

私は潮の上下に注意しながらラインを調整する。

時に繊細に、時に大胆に。

そして、来た、ハゼだ!

私は得意満面の顔で(仮)泉君にアピールする。

「やりますね、万太郎さん。」

気づけば、私達は計20匹ほどのハゼを釣っていた。

ハゼは(仮)泉君のお土産にしようと、彼のお土産ボックスのビニールに入れていた。

もうそろそろ片付けますか、と気を抜いた瞬間、私の手からハゼの一袋が岩の間をすり抜けていった。

「大漁でしたね。釣り部安泰ですよ。一生食えますね。」

と、(仮)泉君は楽しげに穴の中を覗き込んでいる。

私はそそくさと、持ち帰るつもりがなかったであろうカニ袋をハゼ袋の代わりに入れ、発泡スチロールのクーラーボックスの箱を閉じた。

穴釣りに移行してたので、片付けはほとんどなく、お土産ボックスを(仮)泉君に渡し、それぞれの車に消えた。

帰りの(仮)泉君のあおり運転は、それに気づいてのことなのかは不明である。




いやあ、ハゼ釣り楽しいです。オキアミあれだけ投げてればハゼも大きくなりますわな。

2018年8月25日土曜日

08月12日 若洲海浜公園 ~釣り部~


どうも皆様おはようございます。

部長@万太郎です。


    8月12日午前6時。

神経を研ぎ澄ませ、海老の護衛にあたっていると、後ろから声が聞こえる。

「部長、部長。」

私はぎょっとし、振り向くと、そこに(仮)泉君が立っていた。



  殲滅隊とは離れた組織になってしまうが、私が副業で仕事をしている場所で釣りの話をすると、幾人かに連れてって欲しいとねだられた。

(仮)泉君はそのうちの一人である。

釣り部が結成され、私がその部長にと祀り上げられたのだ。

悪い気はしない。

祀り上げられたとはいえ、部長は部長だ。

だが、実力のほどには正直自信はない。

人の面倒を見れるほど知識も経験も足りない。

逃げたい。

私は、行きましょうと言われては明日は風が強そうです、今週はどうですかと煽られては雨が降りそうです、今度こそと言われては嫁が怒りそうです、などと言い訳を捏ねくり、延期に延期を重ねた。

するといつのまにか、会社のコミュニケーションツールに釣り部のフォーラムが作られているではないか。

もうそろそろ逃げることが適わなくなってきた。



  8月11日。

お盆に入って少々。

私は寝る間際に釣り部フォーラムに8/12に釣りに行く旨と、急ですみませんと謝罪の意を書き込んだ。

お盆だ。

まさか誰も来ないであろうと鷹をくくり、床に付いた。



  12日。

午前4時30分。

若洲に到着すると、大雨が降っている。


夏によくある一時的なものだろう。

車で一時雨宿りをしていると15分程度で雨は弱まった。

これで、今日は釣り人は少ないであろうと踏み、喜び勇んで人口磯へ向かった。

満潮と雨が重なったためであろう、磯に面した道路が完全に水に浸っている。


膝までズボンをまくり、覚悟を決めて道路を渡ると、しっかり膝上のズボンが濡れる程度の深さになっていた。

こんなでは更に人は来るまい。

やっと人口磯にたどり着き、さっそく撒き餌の準備をし仕掛けを作り、海へ投げ込んだ。

昨日も夜まで雨が降っていた。

今日も午後から雨予報だ。

私は人気のない人口磯でほくそ笑んだ。

釣り場独り占め。

と、ニヤついていると後ろからのまさかの(仮)泉君。


(仮)泉君は若干空気の読めない子だ。

実は先輩なのだが。

私は平静を装い、(仮)泉君、よくここがわかったね、などとしかめっ面で応えた。

(仮)泉君は私の気持ちなど全く解さず、「目が覚めちゃったんで来てみました。」などとありえないことを言う。

お盆入りたての朝5時だ。

目が覚めるわけあるまい。



  私は、竿を一本しか持ってきていない旨を伝えた。

そして、部長の面目を保つため、海老の護衛について、とつとつと語った。

海老を護衛するための心得、心構え。

そして実践。

小さい魚に食われることはあっても、大きな魚に食われることはただの怠慢である。

大きな魚は見てからでもしっかりかわせるからだ。

と、私がくどくどと話していると、(仮)泉君は「これが仕掛けですね、一本もらいますね。ふひひ。」と、勝手に仕掛けカバンからを引き抜いて、手釣りでカニ釣りを始めた。

人の話を全く聞いていない。

私は改めて護衛について語る。

犠牲を出さないことへの執着、海老一粒一粒への優しさ、こだわり抜いた撒き餌。

「おお、カニが一度に三匹付いてきましたよ、万太郎さん、カニマンション発見です、ふひひ。」


万太郎3年の魚をくぐり抜け続けた努力。

「うわ、フナムシきもくないっすか、うじゃうじゃじゃないですか。カニとフナムシどっちが強いんですかね、ひひひ。」

そして、丹精こめて1から手作りしたウキの数々を披露し、説明する。

「こないだの出張、実はお客さんと会えずだったので、そのまま帰ってきたんすよ、へへへ。」

ギマとの戦いの数々。

「釣りしてる人って、釣りしてる時、何考えてるんでしょうね?」

いなくなっていった海老、イソメについて涙ながらに語った。

「あれ、ウキ沈んでないですか、来てますよ!」

私は我に返るとウキを探した。

ない。

慌てて合わせを入れ、あたふたとリールを巻いた。

「まじっすか、さすが部長っす!」

網だの、引っこ抜くだのと慣れない様子を晒しながら、魚を陸に揚げた。

メジナだ。

「こんなのが釣れるんすね、さすがっす。」


私は、まるでいつもの事だと言わんばかりの表情で、こんなのは小さい方だよ、と目を泳がせた。

27cm。



  その後、リールの使い方などを教え、(仮)泉君はカニ2匹とハゼ2匹をお土産にし、駐車場で別れた。

帰りの運転中、後ろの車に煽られていると思ったら、(仮)泉君だったことは言うまでもない。




(仮)泉さんにはこのブログの存在はもちろん話してません。ばれたらどうしよう。先に謝っときます。すみません(仮)泉さん。周りには内緒で。

2018年8月7日火曜日

07月15日 若洲海浜公園 ~遅刻~


どうも皆様おはようございます。

ジャペーン@万太郎です。


  日本の国民は時間感覚に優れた民族だ。

何をするにしても時間ぴたりだ。

この日本に住んでいる方々はそれが当たり前になっているであろう。

しかし、ちょっと飛行機に乗るとそれがすぐにわかる。

電車だってまともには来ないし、約束であっても遅く来ることが当たり前どころかそれが礼儀と言う国だってある。

かく言う私も日本人であるが故、遅刻に対しては大変な罪悪感であったり、嫌悪感を覚える。


  今日は久々に釣りができる日だ。

雨が降り、風が吹き、嫁が怒り、子供が騒ぐ。

一週間に一度程度の、3,4時間。

時間にすると、168時間のうちの3,4時間だ。

しかし彼らは私の人生の2,3%の時間の楽しみすらも奪うのだ。

それをすることで大枚はたくと言うのであれば、遠慮もしようがせいぜい、餌代、駐車代だ。

1000円いくかいかないか。

そんなプライスレスな時間をようやく手にした、この日。

まさかの寝坊だ。

妙な緊張感からじわりと目が覚め、目覚まし時計に目をやると予定の時間を1時間過ぎてしまっている。

私は半べそをかきながら、急いで準備をし、車に飛び乗った。

普段はシミュレーションをしながらのんびり踏むアクセルも、今日はその足に力が入る。

嫌がらせをするように赤い目を光らせる信号。

私はふざけながら信号を渡る夜を明かした若者達を睨みつける。


  駐車場もいつもより混んでいるように感じられ、奥の空車スペースを確認せずに、空いている場所に車を停車させる。

荷物を持ち、小走りで人口磯に向かう。

若洲の空気から遅刻した異物を押し出すような圧迫感を受ける。

すれ違う夜を徹したルアー勢が、私を白い目で見る。

今頃何しに来た。

若洲の満潮の潮で溢れた海水が歩道を満たし、私の行く手を阻む。

かろうじて、水の途切れた場所を見つけ、人口磯にたどり着く。


海に目をやると、行き交う波もよそよそしく感じられる。

私は遅れた時間を取り戻すべく、急いで仕掛けを準備し、海へ投げる。



  前回に引き続き、ふさふさの房掛けだ。

一本の鈎に5,6本のイソメを付け、浮かれる私を付けられたイソメもが白い目で見ているようだ。

今日は混むだろうと思った人口磯にも何故か人目が無くなる。


魚も私に見向きもしない。

思ったより時間の進みが遅く感じられる。

みなに冷たく当たられている気がするからかもしれない。

徐々にその理不尽さに憤りを覚え始めた私は手荒にルアーを巻き、力任せに竿を振り、仕掛けを投げつけた。



  浮きは一度も沈むことなく、イソメにも何の異常も無い。

皆、遅刻した私になど見向きもしない。

遅刻した者には人間も魚も厳しくなる。

それがこのくそったれな日本だ。

私は遅刻がそんなに悪いことなのかと、憤りを感じながら釣竿を片付けた。

納竿。



  帰宅して、目覚まし時計を見ると、おかしい。

1時間進んでいる。



私は深く考えないことにし、当り散らした釣竿に手入れをすることにした。



ぼーず。すんません眠いっす。ぼーず。

2018年7月18日水曜日

06月24日 若洲海浜公園 悪魔の証明 ~虫閲覧注意~


どうも皆様おはようございます。

ふさふさ@万太郎です。




   私は社長のもふもふとしたお腹を触ってみたり、口周りの髭の付け根をマッサージしながら言った。

本当です。

社長はうざったそうに体をひねっているように見えるが実は、おめえの言ってること信じられるか、ブツを持って来い、ブツを。と言っているようだ。


本当です、魚は40cmはありました、と私は階下の迷惑も考えず集合住宅の畳を叩いた。

しかし、社長はいかにも面倒くさそうに後ろ脚で首の根元を掻くだけだ。

何を言っても無駄なのか。

何とかしてこの自分にとっての大ニュースに社長を飛びつかせたかった。

信じて欲しかった。

そう、6月24日早朝、6時30分・・・。




 昨日まで降り続いた雨、昨夜21時過ぎから雨は上がり、今日の朝からは風もやみ、朝のこの数時間のみ、釣りにいける。

朝4時、外に出てみると、小雨。

車に乗るのにも躊躇したが、振り続けるようであれば、若洲公園の車中で寝るか。

そう思いながら車を走らせた。

駐車場に車を停めると雨はやんでいた。

釣座を確保し、仕掛けを作る。

今日の餌は決まっている。

前回見かけた、イソメ房掛けだ。


イソメ房掛けだと、どのような魚がやってくるのか。

少なくともサッとオキアミよりは何かが起きるかもしれない。




  本当です。

来たんですよ、魚が。

50cmはあったかもしれない。

社長は飯も食って、少々のんびりしていたところであったせいか、全く取り合ってくれない。

私ははたと思い当たり、言葉でわからないようであれば絵を書いてみようと試みた。


魚の絵は単純そうでなかなか難しい。




  5:00。
  
  仕掛けは海に放り込んだが、雨が降ったり止んだり。

寒い。

何度かくじけそうになり、雨宿りに戻りかけた。

しかし、戻ったところで何をするでもないと思いとどまり、竿を持った。

今日は房掛け。

撒き餌をしないので、誘いは入れつつも手持ち無沙汰だ。

寒い。

それにしても、雨も降っているというのに、周りの釣り人が帰る様子はない。

風さえなければ、波さえなければ、釣りをするのだ。




  社長は私の書いた絵になど何の興味も示さず、近くにいる私がわずらわしいのかうろうろしている。

私は社長の興味を惹くべく、追いかけては、絵を書き直し、手でそのサイズを示してみた。


いまいち反応がないので、数で勝負してみよう。
 
駄目だ。

全く興味を示さない、飛びつかない。

いないもの、いなくなった物の証明はできないのだ。

悪魔の証明だ。




  6:15。

隣に、女性を連れた釣り人が現れた。

女性はフナ虫が苦手なのであろう、人口磯に響き渡る声で悲鳴を上げている。

私は近辺の魚が逃げ出すことを憂い、今までより、遠くへ仕掛けを投げつけた。

そして数分後。

浮きが・・・沈みこんだ。

軽く合わせると、手ごたえを感じたが、あまり大きな引きは感じなかった。

期待をせずにリールを巻く。

足元までラインを引いてから顔を出したのが奴だった。


顔を出した直後突如ラインを引き、大きく泳ぎだす。

竿は弓なりになったが、寸後、魚のテンションを失った浮きが所在無さげに空中に浮いていた・・・。




  一通り社長に説明をした私は、ため息を一つついた。

相変わらず、邪魔そうな落書きには目もくれず、たぬき寝入りを装っている。

このたぬきめ。

そして理解の無い社長に怒りを覚え、落書きで散らかった紙を力任せに握りつぶし、ゴミ箱に投げつけた。

すると今まで、何の興味なさそうであった社長が。


  飛びついたのだった。


  私はその光景を喜びと安堵を持って眺めたのであった。




ボーズ。やり取りが下手くそと言うよりほぼしたことがない悲しみ。ボウズ。